着物は長持ちさせるに限る

こんにちは、最近着物に詳しくなってきました、さとみです。例の着物を売るべく、色々調べましたので今回は着物を高額に買い取ってもらう為の売る手段や着物の状態といったことについてお話します。

まず、売る方法は4つあります。

1:リサイクルショップ
2:フリーマーケット
3:ネットオークション
4:ネットでの買取り

2のフリーマーケットはなんだか恥ずかしいので、却下です。これから暑いですし、フリマって日焼け対策が大変そうですよね。一応考えているのは4のネット買取!これだと家に居ながら出来るので一番楽な気がします。

さて、他の売る方法でも高く売るための共通することがいくつかありまして、まずは保存状態ですね。

当然新品や、着用回数が少ないほど高額査定となります。1つの目安としてどこの買取店であっても10年以内であれば高くい買い取ってくれるそうですね。まあ、私の着物はあてはまりませんけど・・・。

でも10年って結構長いと思いました。なら、着物を買う人って結構買取に出す率って高いんでしょうかね?

ただし、10年以上経過している古い着物でも、有名作家の作品や、色や記事の状態などが良ければ高額になる場合が多いそうですね。

しかし着物の劣化ってどんな感じになるんでしょうか?私の着物は見た目は綺麗なんですけど、実はカビが生えてました!ってのも嫌ですし・・・調べてみると、傷んだものは裏地が褐色になったり、金銀彩や箔が変色したりするそうです。見たところそんなことは無かったので良さそうです♪

どうやら保存状態がよかったそうです。でも今の私の家はクローゼットの下に畳んで置いてるので、なんだか良くなさそうです(汗)。そろそろ湿気の酷い時期になってきますし、1日も早く売りたいですね。